会長挨拶

    
平成30年度 宮古島商工会議所青年部

 第40代会長 坂口 大明

宮古島商工会議所青年部 平成30年度スローガン

『YEG NEVER END』
~あくなき情熱・未来へ紡ぐ~

平成30年度 会長所信

  初めに、宮古島商工会議所青年部40 回目の歴史のある組織の会長に任命されたことを誇りに想い、関係者各位へ心から深く感謝を申し上げます。

 昨年度は、沖縄県商工会議所青年部連合会を宮古島YEG が受け持ち単会として、県連会長及び日本商工会議所青年部への道府県連代表理事を輩出し、沖縄県連の中核を担う活動が出来た一年となりました。また、宮古島YEG の友好単会である北海道連岩見沢YEGより出向している平成30 年度日本商工会議所青年部会長内田茂伸君、率いる日本YEG出向者の皆様が日本全国各地より約250 名にて宮古島の地で集結し理事会並びに役員会、オリエンテーションを開催し大成功に納めた年になりました。

 宮古島は今、伊良部大橋の開通による観光客の増加、国内線の定期路線・直行便の増加、クルーズ船寄港の増加、さらに下地島空港の国内線・国際線空港化へ向けての計画など、観光産業が今大きく変わろうとしております。私は青年経済人として、官民の垣根を越え観光のまちづくりを共に考え、社会に必要とされる人材をつくり未来の宮古島のために紡ぐ必要があると考えます。

 本年度、宮古島商工会議所青年部の会長を務めるにあたり、「YEG NEVER END」~あくなき情熱・未来へ紡ぐ~をスローガンに掲げました。いつの世も熱あるものが舵を取り、未来を見据え仲間を信じ行動する。それが、私が思い描いた青年経済人です。
 平成30年度は4つの委員会にて運営いたします。委員長 川平康浩君率いる総務広報委員会では、会を運営する上で欠かせない総会や納会などの事業を行い、現会員や新入会員の交流をより一層深め、SNSやメディアを通して一年間の宮古島YEG の活動を発信して参ります。委員長 濱元美和君率いる事業委員会では、地域に密着した単会事業に努め自企業では経験することのできない経営方法を学び、前年度の引継ぎを確認して前年度以上の結果が出せるように、仲間との意思疎通を大切にして一つ事業に対する諦めない志を持ち、事業後の達成感を全会員と分かち合える喜びを作り上げて参ります。委員長上里啓貴君率いるビジネス交流委員会では、新規事業となる、若手経営者異業種交流会を企画するなど宮古島YEG 以外との横の繋がりを作り、ビジネスマッチングや異業種を知ることで、その後の自企業の新しい発展とアイデアの支えになれるように取り組んで参ります。そして、今年度の新たな取り組みとして九州ブロック宮古島大会準備室を設置いたします。来たる、2022 年に日本商工会議所青年部九州ブロック大会の、開催地として運営することが内定しております。室長の新里政作君率いる九ブロ準備室では、九州・全国のYEG の皆様を宮古島にお招きするにあたり、私たちは宮古島の観光や文化、歴史など多くのことをこれから学ぶ必要がございます。2022 年の九ブロへ向け今年度はその足掛かりなれるように取り組んで参ります。

 最後に、宮古島YEG は様々な業種・業態の総合性を生かしつつ、常に燃えたぎる情熱を持ち続け、より多くの仲間と出会い、その仲間と未来の宮古島のために自企業を発展させ、地域を盛んにして、仲間と地域の絆を紡ぐために取り組んで参ります。
~基本方針~
一. 青年経済人として品格・経営能力の向上に努めよう
一. 組織の活性化・会員拡大・地域事業への参加に努めていく
一. 県連大会や九州ブロック大会、全国大会など積極的に参加して交流を深める
一. 先輩方が紡いできた歴史ある青年部活動ができる環境に感謝しよう